最低限知っておきたいSEO対策 その1

前回はSEOについての考え方でしたが、
今回は最低限押さえておきたいSEOテクニックです。

例を出しながら進めましょう。

「リンゴ狩り」「青森」

というキーワードでSEOがしたい、ということにします。

このキーワードで検索する人は、
おそらく青森県でリンゴ狩りができるところを探しています。
(そのまんまか。)
で、おそらく小さいお子さんがいるファミリーかな。
という設定を自分の中で決めます。

1.まずはタイトル

「リンゴ狩りといえば青森!」

あまり長くなく
(全角35字以内、15字~20字くらいが目につきやすいかも)、
いらないキーワードは入れません。

2.meta discription

ヘッダーの中にあるやつで、
検索結果に表示される部分です。
これが良いとクリックされやすくなります。
(全角120文字以内)

「リンゴの本場青森でリンゴ狩りをするならココでしょう!
 安全安心の甘くておいしいリンゴを食べれば小さいお子さんも
 笑顔いっぱい!最高の思い出になりますよ!」

キーワードは2、3回出現するようにしましょう。
また、キーワードは文章の前の方に出現させた方が良いです。

3.見出しタグ

見出しタグとは本文中に入れるh1、h2、h3とかいうやつです。
h1は特に大切で、そのページの大見出しとなります。
必ず使用しましょう。

例を出すと

リンゴ狩りといえば青森!

 

青森のリンゴ狩りスポット!

  

青森県〇〇市の△リンゴ園

   住所:ーーーー
   連絡先:ーーーー   

お森県〇〇市の×リンゴ園

   住所:ーーーー
   連絡先:ーーーー
 

青森のリンゴ狩り場の口コミ情報

というようにh1があり、その中にh2があり、
その中にh3があるという階層構造になります。

こういう部分が綺麗にまとまっているものを
検索エンジンは好みます。

というより、読み手に取って親切です。

ちょっと長くなってきたので
続きは次回に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です