最低限知っておきたいSEO対策 その2

最低限知っておきたいSEO対策 その2です。

前回は

1・ページタイトル

2・meta discription

3・見出しタグ(h1等)

の話でしたね。

で、今回は

4・被リンク

5・本文テキスト

についてです。

————————————-
4・被リンク

被リンクとは他のサイトからあなたのサイトに
移動するためのリンクのことです。

以前(数年前)は被リンクの数は多ければ多いほど良い。

ということで、有料で増やしたリンクやリンクファーム、
不自然な増え方のリンクやサテライトサイトといった
被リンクを増やすことを目的としたいろんな手法がとられました。

しかし、SEOのためのSEOということでgoogleさんの逆鱗に触れ、
被リンクの効果というものが激減しました。

被リンクのおかげで上位表示されているサイトは
必ずしも検索者に対して有用な検索結果ではない!
と判断されたんですね。

私もgoogleさんにサイトを吹っ飛ばされたくちです(^^;)

ただ、被リンクがまるで効果が無いのかというと
そんなことはありません。

私は複数のサイトを運営していますが、
ふっとばされていないサイトもあるのです。

それはまともに運営していたサイトで、
(って書くと、他のはどうなんだよって話ですが、
 SEOの実験サイトでもあったのであしからず。)

確かに自分の手で被リンクを増やすこともしましたが、
自然に増えた被リンクも多くあったので、
googleの許容範囲内だったのかもしれません。

またこのサイトは10年くらい狙っているキーワードで
1位を保持しています。
(1,500,000件中なのでビッグキーワードという訳でもありませんが。)

なぜ被リンクが有効なのかと申しますと、
googleが被リンクにペナルティを課したのちに
サイトを作ってみて実験した結果です。

サンプル数としては少ないかもしれませんが、
慎重に被リンクを増やしてみたところ、

被リンクをしていないものに比べ
「早く」上位表示ができました。

「早く」というものも大切で、
被リンクがあるとgoogleにサイトを見つけてもらいやすくなります。

また、「アンカーテキスト」というものも
まだ影響力を持っていると感じています。

アンカーテキストとは
リンク元に表示されているクリックする部分ですね。

言葉であったりhttp://~~といったやつです。

ここにSEOのキーワードが含まれていた方が良いです。

これもやりすぎは禁物ですが。

私の結論としては

被リンクは最初のうちは手動で付けた方が良い。

というものです。

で、どうやってつけるの?
ということですが、自分のサイトがあれば自分のサイトから。

無ければソーシャルブックマークサービスがおすすめです。
ただし、やりすぎ厳禁ですよ。

私ははてなブックマークなどを使っています。
http://b.hatena.ne.jp/

ただ、忘れてはいけません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

本当のSEOはこういうテクニックに頼るものではなく
狙ったキーワードであなたのサイトに来た方に
満足のいくコンテンツを提供すること!

これを忘れてテックニックだけを追いかけると
結局スパムになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です