心技体どれを維持するのが一番大変ですか?

以前、テレビを見てドキッとしました。

それはプロ野球選手で中日ドラゴンズの

山本昌投手の言葉でした。

インタビュアーの

心技体どれを維持するのが一番大変ですか?

という問いに対して、

山本昌選手は以下のように答えたのです。

 


いちばんやっぱり若い頃に比べて落ちたなっていうのは、

やっぱり体ですよね。

逆に技術は上がっているんで。

おそらく自分のキャリアハイのときよりも、

技術は今の方が数段上だと思います。

心なんて自分の気持ち1つでどうにでもなりますから

いちばん最後でいいんじゃないですか?


 

この赤文字のところ。

サラッと言ってのけましたが、

ここが一流と凡人の大きな差ではないでしょうか。

私のような超凡人は自分の気持ちひとつでどうにもならないのですよ。

意志が弱い弱い。

ホームページの更新をしようと思っていても

いつの間にかyoutubeを見たりしていることがあります^^;

 

これは目的が明確でなく、それに対する熱意、あるいはニーズが弱いのだと思います。

だから目につくところにモチベーションが上がるような言葉を貼ったり、

メチャクチャ欲しいものをイメージさせるようなものを置いたりと

何かしらの力を借りて自分を奮い立たせているのです。

 

それなのに山本昌投手は

「どうにでもなる」

と言ったのです。

インターネットを見ていると脇道にそれる情報が散乱しています。

それらの誘惑に負けないような自分になれるよう

習慣を作っていかなければなりませんね。

 

まぁ山本昌投手はそんなことを考えたこともないのではないでしょうか。

それが普通になっているのだと思います。

私もその域を目指してやることを視覚化することから始めます。

 

かっこいいぜ。山本昌。
これが長く現役を続けることができた思考パターンの一つなのかもしれない。

山本昌2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です